メニュー

DIYメニュー・フォト

入居資格審査と並行して、実際の住戸をご覧いただき、インストラクターと打ち合わせを行います。
およそ10種類のDIYメニューの中からレクチャー5回の範囲で好きなものを組み合わせ、オリジナルのDIYレクチャーメニューと実施スケジュールを決定します。
契約後はDIYレクチャー期間(約3ヶ月)の間に、インストラクターの手ほどきを受けながらDIYによる住戸カスタマイズにチャレンジ!
(下記のメニューは一例です。詳しくは現地オープンルームでお知らせします。)

存在感バツグン!キッチンにバーカウンター風テーブルを設置。

料理の作業台にも、食事にも、ちょっとお酒を飲むにも使える高めのカウンターテーブルを作ってみました。塗装には「アンティークワックス」を使用し、かなりシブめの雰囲気に。ダークブラウンのバーチェアを2脚並べると、まるでバーのようないい感じのカウンターができました。

憧れの書斎を作ってみる?押入れに「秘密」のデスクを制作。

南側洋室、デスクを造るのにちょうどいい奥行きの押入れがあったので簡易デスクに改造しました。押入れのふすまを開けると姿を現すプライベートデスクは、まるで「隠れ家」のよう。今はまだ塗装していませんが、今度、壁も含めて押入れ内をモノトーンの空間にしてみるのもアリかも。こんな風に自分好みに変えていけるのもDIYの魅力ですね。

住まい手のセンスの見せどころ!壁の装飾(ペンキ/壁紙など)

DIY入門といえば、まずは壁!中でもペンキによる塗装がいちばん簡単です。 簡単といえども侮るなかれ。数え切れない種類の色の中から、「自分らしい」カラーは何なのか。色のチョイス、組み合わせはセンスの見せどころです。

※室内には2種類の壁があり、その材料によって施工の内容が変わります。

躯体壁(コンクリートの壁)

ペイントや壁紙による装飾が可能です。

ボード壁(木製の壁)

ペイント、壁紙のほか、しっくいや珪藻土などの素材も使用できます。

ロープを使って高さも自由自在。付け鴨居を利用した飾り棚

どこか殺風景な壁に、付け鴨居を利用した飾り棚を作ってみました。ここでのこだわりは材料の「足場板」。適当な長さに切って太めのマニラ麻ロープで吊るしてみました。グリーンのガーランドとの相性もバッチリです!

床材の変更
(畳⇒SPF木材)

北側和室の畳を思い切って木材に変更。今回は施工が簡単なSPF材を使用し、施工方法も下地を敷いて上からビス止め、という超カンタンなもの。初心者コンビも「よくできました」!

床クッションフロアの変更
(増し貼り)

もとのクッションフロアの上から、温かみのあるフローリング柄のクッションフロアを直接増し貼りしました。

間柱を利用した可動棚の取り付け

南側和室の壁に、本棚となるような割としっかりした棚をつけました。壁の中に隠れている間柱を探し当て、そこに棚受けレールを取り付けると棚板の位置が自由に変えられる本棚が完成。間柱さえ見つけられたらこれはカンタン!

キッチン扉の変更(木質化)

古めかしいキッチンの流し台と吊り戸棚の扉をそれぞれパイン集成材へ変更。ついでに取っ手の部分のアイアン調のカッコいいものを通販で探しました。

注意

5回のレクチャーの範囲内ならば、入居者の費用負担はございません。

超過分のメニューや日程の追加については講師との交渉による実費負担となります。

工具を触るのもはじめてでしたが、丁寧なレクチャーで楽しくDIYにチャレンジできました。

― 団地再生課 うめちゃん(左・入社1年目)の場合

のこぎりも触ったことがないまったくのDIY素人でしたが、インストラクターの優しく分かりやすいレクチャーを受けながら、楽しくお部屋をつくっていくことができました。最初はぎこちなかった電動ノコギリの扱いも、終わるころにはスムーズに木を切れるようになりとても楽しかったです。一人だとどうやればいいのか分からないこともインストラクターが教えてくれるので安心してチャレンジできました。少しでもDIYをやってみたい気持ちがある方にはとってもおすすめのプランです!

「DIYをすれば愛着が湧く」とよく聞きますが、本当なんですね!(笑)

― 団地再生課 ミヤッキー(右・入社1年目)の場合

電動ドリルや丸ノコなどは大学で少しだけ使ったことありましたが、実際にDIYで床を貼ったり、棚を作ってみると難しく、うまくいかないこともたくさんありました。 電動ドライバーを使ったときに、ねじ山からずれて木材を傷つけてしまい、「やってしまった!!」とそのときは思いましたが、後からその傷を見たときに「この傷、僕がやっちゃったんですよ~」と笑い話に変わっていました(笑) こういう思い出も含めて、DIYの良さなんだと感じます。 正直、作業はたいへんでしたが、すごく想い入れのある部屋ができました。

公社スタッフがDIYインストラクターのレクチャーを受けながら、モデルルームを制作。次のような住まい手をイメージしながら、プランニングからDIY施工までがんばりました!

IMAGE : 20代の共働き夫婦。

(夫)
体つきはガッチリしているが、笑顔が爽やかで優しい雰囲気。
趣味は料理。器用な手つきで休日は奥さんや友人にふるまうことも。
(妻)
結婚まで実家暮らしで「自分の家」への憧れが強い。
趣味はハンドメイド雑貨作り。将来はネット販売もやってみたいと思っている。
ファッション雑誌「リンネル」のゆるいテイストがお気に入り。
(共通)
DIY経験は自称「少々」でほぼ素人。DIYに興味があるものの、「まず何をすればいいのかわからない」、「誰に聞けばいいのかわからない」と思っている。
自分でDIYができるようになったら「ウッディ」なテイストの部屋をつくってみたい。

写真はDIY施工例です。(公社スタッフによる施工)

[住所] 大阪市中央区今橋2-3-21
[営業時間] 平日9:00~17:45 ※土・日・祝日は定休日

団地カスタマイズ

Copyright [c] Osaka Prefectural Housing Corporation.All rights reserved.